八月十六 水施餓鬼会のご案内

2020/05/28

八月十六日はお盆明けの日とされています。この日,京都において行われる「大文字焼き」は「お盆の送り火」です。

円応寺においては「送り盆供養」として、午後二時より「水施餓鬼会」を勤めていまます。

「水施餓鬼会」とは儀式中に経木塔婆を桶に供え水をかけて先祖供養を行います。

八月十六日は地獄の釜の蓋が開く日です。生前に罪を犯し、懺悔する事も無く地獄で苦しんでいる「餓鬼達」が一日解放されます。

「水施餓鬼会」は解放された「餓鬼達」の為に施餓鬼棚を荘厳し供養します。供養された「餓鬼達」は地獄の苦しみを逃れ、浄土に導びかれます。

「水施餓鬼会」に参詣して「餓鬼達」を救済した行いは供養した私たちの「善業」として、私達の御先祖を供養するとともに私達の来世の為に徳を積む事が出来るのです。

「水施餓鬼会」に参加希望の方はFAX 0476-25-1095 にて 住所・氏名・電話番号を記入の上、申し込み下さい。 参詣希望の方には円応寺より「水施餓鬼会のご案内」を郵送致します。